top画像左
top右

初心者向けのパター情報

ゴルフ初心者の内は中古パターでも十分です。ゴルフを始めて、ゴルフ初心者として必要十分なパターを選べる知識と情報を身に付けましょう。

初心者のオススメ情報

ゴルフの用品を揃える・パター

パター選び パターはドライバーやアイアンなどのクラブとは若干ちから加減が違います。 ヘッドスピードや体重移動などの動的な動きも求められることはありません。 その点が、他のクラブを選ぶ時と、パターを選ぶ時のポイントは決定的に変わってくるのです。

スコアメイクという観点から見れば、パターの一打はとても重要です。 300ヤードのドライバーの一打も、50センチのパターの一打も同じ「一打」なのです。

パター選びポイント では、ゴルフ初心者は何を基準にパターを選べばいいのでしょうか? 自分自身にとって最適なパターとはどういったパターなのか?

これは各個人の体格的な問題、打ち方などによっても変わってきます。 しかも、パターのシャフトの長さや、ライ角などの構造上違いもからんでくるので、 尚一層難しく感じるのです。

ネットで賢くいろんなモデルを検討

ゴルフ初心者の人がパターなどのクラブを購入する際に活用したいのが 品揃え豊富ゴルフ用品激安などのうたい文句を掲げているオンラインショップです。

例えば、 アトミックゴルフなどはパターだけでもメーカー別に数十種類ラインナップされており、 価格も割安に設定されている場合も多いサイトもあります。 実際にサイトを見ていて思わず飛びついてしまいたくなるような掘り出し物が、 多くあるサイトも存在するのです。


パター選び・性能よりも重要な感覚

パッテイングに関しては方向性と距離感が重要な要素です。 パターの上手な人はこの二つがきちんとできている人といえるでしょう。 その上で芝を読む、ラインを読むといった経験がモノをいうのです。

芝を読む要素には、芝の向き、長さ、硬さなどがあり、 実際にはボールのに加わる力なども影響してきます。 さらに傾斜や風などの状況を確認することでラインを読むことが可能になるのです。

こういったラインを読む感覚は一長一短で身につくものではありません。 多くの人は日々の地道な練習と、ラウンドでの経験から身につけたものなのです。 ですが、パットの距離感の感覚は練習をすれば必ず上達します。 地道な練習ですが毎日継続したいものです。


パター購入の際の重要な要素とは

ゴルフ初心者がパターを選ぶ際に重要な要素は感覚です。 自分自身の打ち方のクセや技量を把握していない人にとっては、 パターの性能云々よりもむしろそういった感性を大切にしたパター選びも良いでしょう。

「なんとなくしっくりくる。」 「これならカップに沈められる気がする。」

というような感性は大切で、 ゴルフの上級者と呼ばれる人でもパットの調子が悪くなるとパターを替えたりするものなのです。

パターの選びの各要素

ドライバーやアイアンと同様に、パターにもそれぞれに特性があります。 自分に合った形状というものが必ずあるので、 よくわからない人は経験豊富な人やゴルフショップの店員さんになどに相談して決めましょう。

その際には、出来る限り自分のクセや打ち方を具体的に伝える事がポイントです。 パターの選びの要素には以下の様の項目があります。

材料・素材              (フェース・グリップ・シャフトなどの素材)
重心で考える            (どこに重心があるか)
グリップ                (手にしっくりなじむかなど)
打ち方、パッティングのフォーム (自分の打ち方に合っているか)
シャフトの長さや、ライ角      (体格的なもの・球筋など)


リーズナブルの中古用品を探す選択肢も賢い方法

最初は道具に出来るだけお金をかけたくない、 もっとゴルフの技術が身についてから上等なゴルフの道具を揃えたい。 という人はゴルフのリサイクルショップを利用するといいでしょう。

リーズナブルな価格といっても同じ価格帯の新品より高いグレードのパターを選ぶ事も可能です。 また、自分自身のゴルフ技術がまだまだ安定していない人などは、 今後も負担が少なく道具を買い替えれるという利点があります。

まずはどのようなパターが人気があるのか、 という事を見るためにもを知るためにも近くのゴルフショップに出かけるのも良いでしょう。 じっくり色々な商品を見てまわることも上手な購入の為には必要なことです。


初心者のオススメ情報


スポンサードリンク