top画像左
top右

ゴルフのルールについて

ゴルフ初心者がゴルフ場で最低限憶えておきたいルールを紹介しています。ゴルフ初心者がゴルフ場でスムーズにプレーするためには最低限のルールを憶えておきたいものです。

正しいゴルフの始め方

ゴルフ初心者のルールとプレー

ゴルフのルール ゴルフのルールやペナルティーに関しては真剣に勉強し始めればかなり奥が深く、 憶える事も多くて大変です。 ここでは必要最小限の説明で済ませたいと思います。

あくまで、ゴルフの初心者の人がスムーズにプレーできることを主な目的としています。 あらかじめご了承ください。


初心者必見のルール

ゴルフ初心者がコースで直面する事の多いケースが、 OB・池・バンカーなどでのプレー時のルールです。 親しい間柄でラウンドしているならばその都度教えてもらえばいいのですが、 甘えは禁物です。 最低限のルールを理解して、憶えておきましょう。


ゴルフ場でのプレー前に

バッグに入れることのできるクラブの本数は14本以下です。 これはパターも含めての本数です。 14本以下であればどのような組み合わせでもOKです。


ゴルフ初心者が最低限憶えるルール

ゴルフ初心者とルール ゴルフ初心者と呼ばれる人達と、初級者の違いはどこにあるのでしょうか。

ゴルフ初心者と初級者の境界線は色々考え方もありますが、 一通りのラウンドをそつなくこなせるかどうかという考え方もあります。 もちろん技術的にも、色々とありますしスコアで区切る考え方もあります。


ゴルフ初心者のゴルフ場でのプレー

初めてゴルフの練習場に行ってゴルフクラブを振った時の感覚は無我夢中です。 ボールにうまく当たらない。ボールが飛ばない。クラブがきちんとスイングできない。 色々とゴルフの難しさを味わった人も多い事でしょう。

練習場に通いつめてようやくそこそこボールが飛ぶようになってきても、 ゴルフの本当の醍醐味を味わった事にはなりません。 しかし、練習場でのナイスショットはゴルフの面白さを味わう第一歩です。 初心者の人が、練習場で100点満点のスイングが出来ても、 ゴルフ場ではいいところで半分の成果しか出せません。


ゴルフ場でのプレー 実際のコースでは平坦な場所ばかりでのスイングではありません。 しかも、バンカーや池・ラフや木々などのコースの障害物との闘いです。

リカバリーの経験が乏しい初心者や、 様々な状況に対応する練習を積んでいない初心者にとっては、 普通にプレーを進めるだけでも至難の業なのです。

スムーズなプレーの為に最低限必要なルールを憶えておいて、 冷静に対処できる要素を一つでも増やしていきましょう。


ゴルフ場で遭遇頻度の高い場面

ゴルフ初心者が憶えておくべき最低限のルールは次ようなものが挙げられます。 いずれもゴルフ初心者の人がプレー中に出くわす頻度が高い、 もしくは遭遇する可能性が高い事例です。 慌てない為にも最低限確認したい事ばかりです。

ボールがOBラインを超えてしまった
ボールが池に落ちてしまった
打ち込んだ先でボールが見当たらない
バンカーでのプレーについて
スイングがボールに当たらず空振りした


OBやロストボール

OBやロストボール(ボールが見当たらない)は、1打罰です。 ティーショットならば暫定球を宣言して最後に打ち直す。 もしくはプレーイング4(特設ティー)からの打ち直しのローカルルールもあります。

池ポチャ

ボールが池に落ちてしまっても1打罰です。 その場か、ハザードの区域を最初に横切った地点とピンを結んだ後方線上からの、 どちらかから打ち直しです。

バンカーでのプレー

ボールを打つ前に、バンカーの砂にクラブが触れると、 2打罰です。 アドレス状態でもダメです。

空振り

スイングがボールに当たらず空振りしても1打です。 ただ、完全な初心者は親しい人達とラウンドしているならば、 笑って済ましてもらえることも多い?かも。


ゴルフ場でルールは純粋な競い合いから生まれた公平な規則

競技としてのゴルフ 何事にも事前に勉強する熱心な人は意外と多いものです。 ゴルフのルールも初めてのラウンド前までに一生懸命勉強する姿勢も大切です。

ゴルフのルールは、皆が公平にプレーしてその結果をスコアという形で競う競技である以上必要なのです。 ゴルフのルールは皆が守らねばならないのです。だからこそ、きちんと結果がでます。 そして競技としてプロフェッショナルな人達が存在するスポーツとして存続できるのです。

しかし、ほとんどの人が趣味としてのスポーツとしてゴルフのプレーを楽しんでいるのです。 熱心に勉強すると、ゴルフのルールは奥が深く、憶える事も多くなります。 せっかく楽しむための趣味ならば、気楽に最低限のことを憶えて、コースに出かけましょう。


正しいゴルフの始め方


スポンサードリンク