top画像左
top右

スライスの原因を分析する

スライスを克服しようと日々格闘している皆さん、まずはスライスの原因を勉強してみませんか。あなたのゴルフスイングとスライスの原因を理解すれば正しいイメージを持って効率よく練習できるはずです。

スライスを克服しよう

あなたのスライスは何が原因か

ゴルフ初心者のスライスの原因はゴルフの基本的事項から来ることが多いようです。 スイングやグリップなどの基本と構え方などについてセルフチェックしてみましょう。


スライスの原因はそれぞれ

ゴルフ初心者のスライスの原因はゴルフの基本的事項から来ることが多いようです。 しかしスライスを克服するために何をどうすればよいのか考える必要があります。 そのためにはまずは自分自身のスライスの要因追求する事から始めましょう。


初心者の一番多いスライスの原因

スライスの原因 各項目を見る前にセルフチェックしてみて下さい。 自分自身のスライスの原因がある程度わかれば、 スライス克服の練習方法も見えてくる事が多いです。

特にドライバーでのショットは知らず知らずの内に力が入ったり、 飛ばそうという意識が働いて体がつっ込んだりしがちです。 スイングの軌道。体の動き。 両手の連携などを意識して少しずつでも理想のスイングに近づけていく事を目指しましょう。


スライスの原因をチェック

まずはゴルフの超基本的なことからセルフチェックしてみましょう!

スイング時の身体の動きはスムーズにできているか。
スイングの軌道がスライスの原因になっていないか。
グリップと構え方はきちんとできているか。

その他、左ひじがうまく使えていないとか、 右手の使い方が良くないとか色々と原因はあるのです。 それぞれもう少しだけ具体的に解説させて頂きます。


左肩の開きが早い

これはスイングの基本がまだしっかりできてない人に圧倒的に多いです。 インパクトでフェースがボールに対して開いている場合や手のタイミングが遅れている場合も含めます。

左肩の開きが早い

左肩の開きが早い事がスライスの原因
ご自身のスイングをまずチェックしてください。 だれかよくゴルフを理解している人にみてもらうのが一番いいのですが。

ゴルフスイングの軌道がアウトサイド・インである場合は要注意です。

インパクトの瞬間はスクエアにヒットしていても、 スイングそのものがスライスの回転を生むようになるのです。

スライサーと呼ばれる人の多くがアウトサイドインの軌道でダウンスイングをしているのです。




スイングの軌道がスライスを誘発している

クラブを握る事は一番の基本です。 しかし、意外と間違った握り方をしてスイングしている人が多いのです。 間違った握り方は両手の使い方を悪くさせます。 その結果、力の使い方がうまくゆかずスイングの軌道を悪くさせる原因になるのです。

練習をしている内に疲れてきて握力がなくなってくると、球筋が荒れてくる人も要注意です。

スイングの軌道とスライス

スイングの軌道がスライスの原因
自分はそんなことはない、と思わないでもう一度基本を見なおす事です。 正しいクラブの握り方というのは簡単な練習本で図解や写真で確認できます。

「自分がスイングしやすくてついその握り方になってしまった」

という悪い癖をもう一度見直しましょう。 実はグリップの間違いが初心者のスライスの原因のほとんどとも言われているのです。




練習熱心な人ほどスライスが発生します

ある程度ゴルフの面白さがわかってきて練習熱心な人は一生懸命練習します。 スイングに磨きがかかり筋力もアップして自然とヘッドスピードも上がってきます。 ボールが気持ちよくより遠くへ飛んでいくことは非常に気持ちがいいものです。

しかしヘッドスピードが上がれば上る程少しの誤差でスピンがかかりやすいのです。 つまりスライスの原因であるサイドスピンがかかり易くなるのです。


スライスを克服しよう


スポンサードリンク