top画像左
top右

スライスの仕組みを知る

ゴルフスイングの中でもスライス克服を目指して日々格闘しているゴルフ初心者の方は多いです。ゴルフスイングでスライス克服を目指すならば、闇雲に練習する前にスライスの原理を理解する事が先決です。

スライスを克服しよう

スライスの仕組みを理解しよう

スライスの仕組み ゴルフのスライスを克服するにはスライスがどんな原理で起こるかを知ることから始めましょう。 ゴルフのスライスの原理から理解することがスライス克服に効果的な練習方法の実践に役立つのです。

ゴルフのスイングは基本的にターゲットであるボールに対して直線的にヘッドが動き、 フェースはスクエアでなくてはなりません。

ゴルフ初心者の方で、スライスに悩んでいる場合の大半は、 この一連の動きがきちんとできていないことが大きな原因である可能性が高いのです。 特にドライバーのスライスに悩む人は根本的な事から理解する事が解決の為の近道です。 まずはスライスの原理について簡単に理解を深めておきましょう。

遠くへ飛べば良い。だけではダメなのです

特に、練習場でのスイングにも慣れていよいよコースデビューを視野に入れた頃や、 初ラウンドで全く思い通りにコースをまわれなくて悔しい思いをした人ならなおさら意識する壁が「ショットの正確さ」です。 これはスライスの改善にもつながる重要な項目です。


なぜボールが真っ直ぐ飛ばないのか

ある程度ゴルフクラブをスイングすることに慣れてくると、出ることが多いのがスライスです。 力いっぱいスイングして行き先は「ボールまかせ」 ではスコアメイクやラウンド攻略などの組み立てもままなりません。

スライスは基本項目をきっちり見直せば解決できるモノです。 スライスに悩む人はヒントを見つけて下さい。


スライスの仕組みの根本

ゴルフのボールはどうしてスライスして曲がるのか、その原因を考えた事ありますか? 答えは簡単です。ゴルフのスライスはボールにサイドスピンの回転が加わって起こる現象なのです。 そして、サイドスピンはロフトが少ないクラブほどかかりやすいのです。 つまりスライスはボールの回転で起こるのです。

ゴルフのボールはフェイスのインパクトの角度や、 スイングの軌道のちょっとした事でボールに回転がかかることが多いのです。

わかりやすく例えると、 野球の投手でも、オーバースローのピッチャーやアンダースローでも球筋が違うように、です。


アイアンのバックスピンとスライスの関係

アイアンは調子がいいけどドライバーがまっすぐ飛んでくれない。 などというセリフを聞いたことがあるかもしれません。 もしかしたら、あなた自身がこのセリフをラウンド中にこぼしてきたかも知れません。

先程述べたとおりスライスはロフトに大きく関係します。 ロフトが大きいショートアイアンなどはサイドスピンがかかりにくいのです。 言い換えればロフトが大きいショートアイアンなどはスライスが出にくいのです。

つまり、ドライバーのスライスに悩む人はスイングの根本的な部分から見直して改善を図る事がベストです。

ドライバーのロフトとスライス

ドライバーロフト ドライバーは一番ロフトが少ないクラブです。 ですからドライバーでのショットが一番サイドスピンがかかりスライスが起こりやすいのです。

しかもシャフトの長さも他のクラブに比べて長いためさらにコントロールが難しいのです。


スライスの原理は実は簡単

ショートアイアンの場合は、 ボールにサイドスピンがかかる以上にバックスピンがかかるからスライスが出にくいのです。

だから、スライスを出さないようにするにはサイドスピンのかからないスイングで、 ボールをショットすればいいわけです。 原理は簡単で実践が難しいですが、意識するとしないとでは大きな違いになります。


スライスを克服しよう


スポンサードリンク