top画像左
top右

スライスを克服しよう

初心者ゴルファーが最初に遭遇する最大の壁であるスライスを攻略して克服する事はゴルフ上達においてさけて通れません。ここではスライスの原因、仕組み、克服するための練習方法のヒントを紹介しています。

スライスを克服しよう

スライスを効果的に克服するには

スライスは小手先だけの改善で根本的な解決にはなりにくいものです。 スライスの原因を発見して効果的な練習に取り組みましょう。

スライスは、初心者ゴルファーが練習を重ねるうちに悩まされることが多い項目です。 特にドライバーのスライスに悩む人は割合的に多いです。 ここではスライスについて項目を絞って説明してあります。 もちろんドライバーのスライスを克服する為のヒントや解説なども記載させて頂いております。


ゴルフ初心者のためのスライス基本知識

スライスの仕組みを知る

ゴルフ基礎 まずはスライスの原理を勉強してみませんか。

ボールがスライスする本質を知って、自分自身に必要な練習のヒントを探してみてください。 闇雲に練習する前にゴルフスイングとスライスの原理を理解して正しいイメージを養う事も重要なのです。

スライスの原因を分析する

ゴルフ基本 スライスを克服しようと日々格闘しているゴルフ初心者の人も多いはずです。

練習の前にご自身のスライスの原因を把握していますか?

あなたのゴルフスイングとスライスの原因を理解すれば正しいイメージを持って効率よく練習できるはずです。


スライスが発生する原因は人それぞれ

まずはスライスの発生する仕組みを知ってスイング改良に役立てましょう。 次のステップでは自分自身のスライスを克服する練習を効果的に行なう事です。 そして最終的にはスライスを出さないスイングの仕組みをつくることです。

継続は力です

何事にも継続的に少しずつでも意識をもって反復して取り組むことが上達の近道です。 もちろんゴルフにおいても継続がゴルフ上達の近道です。

ゴルフ初心者の方のほとんどが悩むといわれているのがスライスです。 自分自身一人の力で無理やりスライスを矯正することはなかなか困難です。

まずは、このサイトで無料のスライス診断をしてみて下さい。


スライスを修正するポイント

スライスを克服する為に、それぞれの修正するポイントをセルフチェックしてみましょう。 次の各ポイントに沿って無料のスライス診断をしてみて下さい。


左肩の開き/体の使い方

スライスを克服するための練習 その1

スライスを克服するためには原因別に効果的な練習方法をおこなうことです。 (左肩の開き、身体の使い方)ここで紹介するのは基本的な動作や練習方法です。

自分なりのアレンジなどでチャレンジする事もいいかもしれませんね。

スライス克服の練習法1

体の開きはフェースの開きに直結する事が多く、 しかも自分自身ではなかなか気付かないのも厄介な点です。


スイング軌道のチェック

スライスを克服するための練習 その2

スライスを克服するためには原因別に効果的な練習方法をおこなうことです。 (スイングの軌道の見直し、インサイドインの感覚)ここで紹介するのは基本的な動作や練習方法です。

まずは基本事項の再確認をしてみましょう。

スライス克服の練習法2

アウトサイド・インのスイングがスライスを誘発する事は知っている人は多いようです。 しかし、自分自身のスイングが、自分が思う以上にアウトサイド・インである事は意外と多いものです。


グッリップ・握りのチェック

グッリップ・握り

グリップの握り方で、 間違った握り方が身についてしまってそれがスライス根本的原因になっていることも少なくありません。

ついつい握りやすく感じて身についた握り方が「悪い握り方である」という場合もあります。

スライスを克服を目指す

スライスを克服するためには基本的な知識の見直しも必要です。 自分なりに知識を発展させスライス克服のヒントを見つけて下さい。


ゴルフはこれで終わりと考えたら技術的な進歩はなくなります

ゴルフ上達 ゴルフの賞金で生計を立てているプロフェッショナルはほんの一握りです。 それでも多くのアマチュア選手が日々ゴルフの上達を目指して努力しています。

何年もゴルフのプレーをしていると、年齢的な衰えや体力の状態も変化してゆきます。 もちろんゴルフの技術的なことでも変化はあるものです。 「今よりももっとよくしたい」考えるからこそ誰しも悩みスランプに陥るのです。 そして、それ以上にうまくなった時の感動はひとしおなのです。


ゴルフのスランプ

ドライバーもそこそこ真っ直ぐ飛ぶようになって、 飛距離はいまいちでも少しは安定してきた人でも、 ずっとその状態を維持できる訳ではないのです。

なんとなくボールがスライスしているのが気になって修正をしようとしたら大きなスランプに陥ってしまった。 しかも、今までできていたことすらできなくなってしまってあわててしまうといった経験は 誰にでもあることなのです。

きちんとしたゴルフの基本を理解して、ゴルフの基礎ができていればスランプやフォームの修正時に あわてることは少なくなるのです。


スライスを克服しよう


スポンサードリンク