top画像左
top右

入ってて良かったゴルフ保険

ゴルフ場での事故やアクシデントに対する備えの重要性について解説させて頂いております。ゴルフ場での事故やアクシデントに対して全てのゴルファーが考えておくべきポイントとは?

加入して安心!!ゴルフ保険の検討ナビ

入ってて良かったゴルフ保険

誰にでも起こりえる「ホールインワン」達成の確率

ホールインワンを達成すると一般的に、 強制ではありませんがホールインワンなどを達成すると一緒にプレーした仲間やお世話になったキャディーさんに記念品を贈呈したり、 祝賀会などの実施する事が多いです。

調べたらどうやら日本だけの慣習のようです。 しかし、一応、記念的な偉業になりますし記録や記憶に残ることは実施する気持ちも理解できます。

一般的なゴルフ保険にそういった「ホールインワン達成時の費用」を補償してくる項目が盛り込まれている以上は有効に利用したいです。 一方で、ゴルフ保険に加入していない方は自費で実施するか、周囲からの冷たい視線などを絶えて何もしないかを選択しなければならないです。

ここでの話はあくまで達成した際の話であり現実的には確立は低いですが、 それでもゴルフをプレーする以上、確率的にはゼロではありません。 これは誰にでも起こり得ることです。

意外と多くの人がお世話になっているゴルフ保険

ゴルファー保険に加入して十数年、幸か不幸か一度も保険を使用する場面がなかったという方もいらっしゃいます。 支払った保険料と受け取った額を比べると完全に支払い超過という方も周囲には多いです。

しかし、一方で「ホールインワンを達成した時にお世話になった。」というプレーヤーの方や、 「ゴルフクラブを破損した時に保険が降りてうれしかった。」という方もいらっしゃいます。

「自分の打った打球でゴルフ場にいた第三者をケガをさせてしまってその時に保険にお世話になった。」という実体験の話は聞けなかったですが、 実はこの項目が一番保険に加入するべき重要項目だったりします。

そもそも楽しいゴルフ場で他人にケガをさせてしまった体験など思い出したくもないはずでしょうし、 実際にそういった体験談を聞けることはほとんどないと思われます。 (事故をその場で目撃したという話はちょくちょく聞きますが・・・。)。


加入してて良かった「クラブの破損」

Aさんは40代の初級者で社内コンペに参加した際に、ドライバーをクラブの根っこ側(ヒール)で打ってしまい破損させました。 その際に、ゴルフ保険のお世話になり「加入していて良かった」としみじみ語っていました。

最近では、たまにしかゴルフ場にいかないビギナーの方にも加入しやすい「一日(もしくは一泊二日)の超短期ゴルフ保険などが人気です。 携帯電話やスマホから簡単に加入できる手軽さが支持される理由でしょう。 ※当サイト参考ページ人気のゴルフ保険を紹介

Aさんもその一件以降もゴルフ保険を継続し続けているという事です。 ホールインワン達成時や事故を起こしてしまった場合を考えると保険はやはり必要であり、 未加入の知人がいれば加入を勧めているという話です。


加入してて良かった「ホールインワン達成」

狙って出せる類のものではないですが、 条件が揃えば毎回誰もが狙っているのがホールインワンです。 これは誰もが達成できる可能性がありますし、 数多くゴルフ場に通っていれば達成してしまう可能性は十分あり得ます。

一般的にホールインワンを達成した場合、 記念植樹費、贈答用記念品(キャデイーバック、バスタオル、ベルト、ウエア、 コンペ賞品など)を用意する費用が発生します。 さらに祝賀会を行う費用なども考えなければなりません。

上記の項目はもちろんすべて義務ではないですが、ゴルフ保険に加入していれば、領収書さえあれば保険でまかなえる為、 盛大に偉業の達成をお祝いする事が出来るのです。


「たまにしかゴルフコースに行かない」という方でもやはり、万が一の時に備えた保険の存在は心強いものです。

多くの方が支払った保険料の総額よりも補償を受ける場面に遭遇する事はないはずです。 しかし、一方でしっかりとゴルフ保険に加入しているゴルファーも多いのは事実です。


加入して安心!!ゴルフ保険の検討ナビ


スポンサードリンク