top画像左
top右

ゴルフ保険の必要性

ゴルフ場での事故やアクシデントに対する備えの重要性について解説させて頂いております。ゴルフ場での事故やアクシデントに対して全てのゴルファーが考えておくべきポイントとは?

加入して安心!!ゴルフ保険の検討ナビ

ゴルフ保険の必要性

万全ですか?ゴルフ場でアクシデントの保障

基本的にゴルフ保険はゴルフのプレーに関連した場面の補償になりますので、 保険の金額面では小額に設定されている場合が多いです。 もちろん、ゴルフの練習中の場合などでも補償されます。

当たり前の話ですが、年中ゴルフをプレーしているうらやましい状況の方は一般的には少ないです。 「年に数回しかラウンドしない」という方が多いはずです。 ですので当然保険料の金額設定は小さくされているのです。


一般的なゴルフ保険の概要

保険料金目安
(保険期間1年間)
数千円〜1万五千円ぐらい。
賠償責任(支払限度額)、用品の損害補償内容やホールインワン達成時の請求可能金額などで差が出ます。
補償項目
(一般的な項目)
ケガ(ご自身がケガをした場合)
損害賠償(他人から損害賠償請求を受けた場合)
ゴルフ用品の損害(特約扱いの場合も有)
ホールインワン・アルバトロスの補償

最近では一日だけ、もしくは一泊二日だけのゴルフ保険を取り扱うサービスが提供されています。 必要な日にすぐに加入できて、手軽な金額に設定されていますので知っておいて損はないです。

【詳しく見る】> 人気のゴルフ保険を紹介

ゴルフ場は多くのプレーヤーが順番でプレーする場所

硬いゴルフボールが飛び交うのがゴルフ場です。 もちろん、安全に十分配慮して皆さんラウンドしていますが、 時にはヒヤリとする経験をする事もあります。

特に本格的なシーズンで人気のゴルフ場になると、 数多くのプレーヤーがゴルフ場に集まってプレーします。 万が一の場合には賠償問題になる事だって十分あり得るのです。

つまり、誰もが被害者にも加害者にもなりえる事故が起こる可能性を秘めているのです。 そういった事を理解して安全第一にプレーを進める事を忘れずに、 そして万が一の為に保険に加入しておく事がベストです。

ゴルフ保険の一般的な補償項目

思わぬアクシデント
事故やケガ
ゴルフアイテムの損傷

それぞれのゴルフ保険の補償範囲や内容は加入する保険会社のサービスによって若干違いがあります。 しかし、どのゴルファー保険に加入しても大きな差異は無いのが実情です。 多くの場合、補償額によってコース選択が可能な様に設定されています。

「たまにしかゴルフコースに行かない」という方でもやはり、万が一の時に備えた保険の存在は心強いものです。

多くの方が支払った保険料の総額よりも補償を受ける場面に遭遇する事はないはずです。 しかし、一方でしっかりとゴルフ保険に加入しているゴルファーも多いのは事実です。

大好きなゴルフで万が一他人に大きなケガを負わせた場合、 大きな負担を強いられるという実例もたくさんあります。

大きな事故やケガなどに発展しなくても、 ゴルフ場で「実際にヒヤッとした事がある」という経験は必ずしているはずです。 取り返しのつかない事にならない様にしっかりと備えを行って安心してプレーしたいものです。


加入して安心!!ゴルフ保険の検討ナビ


スポンサードリンク