top画像左
top右

ドライバー関連

ゴルフ初心者のためにドライバーの特性を解説したページです。ゴルフ初心者がドライバーの特性を理解して上手に使用するヒントが載っています。

ドライバー関連

ゴルフ初心者・どのドライバーが最適?

ドライバー 形から入る人はすでにマイ・ベストチョイスのドライバーを持っているでしょう。

しかし、実際に多くの人は、最初は誰かからお下がりのドライバーを使っている事も多いのです。 ですが、自分自身のゴルフの技量や身体に合っていないドライバーを使用する事は、 ゴルフ上達の視点から見れば問題が多いのです。

ドライバーを譲ってもらった人が、『同じような年齢』・『体格』・『筋力』であればあまり問題は発生しません。 問題なのは、年齢も体格も筋力も違う人から譲り受けたドライバーを使ってプレーや練習を行っている人です。

自分自身の能力を最大限に使う為に

ドライバー特性は飛距離を出すためにシャフトも長く、ヘッドも大きく重たくなっています。 ゴルフ初心者といえども身体やゴルフの技量にあったドライバーを使用することはとても重要です。

ピックアップ情報アンドニュース

ドライバーの特性−ロフトとは

ドライバーは人によって最適な数値が違う

ドライバーにはロフト角と呼ばれるフェース面の角度があります。 正確には、クラブのソールとフェースが形作る角度のことです。 ドライバー特性を上手に利用する為に少し知識も習得しておきましょう。

ロフトとは
ソールとフェース面の角度のことです。 この角度が大きいほどボールは高く上がります。

ドライバーでは一般的な男性用で8〜12度です。 ドライバーではロフト角が1度変わるだけで、弾道の高さの違いが実感できます。

ゴルフ初心者の人はロフトが大きい方がバックスピンが掛かり易く使いやすいでしょう。 バックスピンが掛かりやすいということはボールが若干曲がりにくくなります。

ロフトが大きいとその分、飛距離は落ちてしまう事がデメリットです。

ロフト



自然なアッパーブローのコツがつかめるまではロフトの大きいドライバーを使用する方が好ましいです。 スイングのスピードや体格にもよりますが、ゴルフ初心者は11度を超えるドライバーがよいでしょう。

ドライバー選びでは金銭的に余裕があるならば、 ドライバー特性を知って段階に応じて買い換える方が長い目で見ればゴルフ上達のスピードはあがります。

ドライバーの歴史と最新モデルの利点

プロフェッショナルとしてゴルフのトーナメントなどの賞金だけで生計を立てている人はほんの一握りです。 ゴルフは趣味のスポーツでもありますが、競技のスポーツでもあるのです。

ゴルフの道具の歴史は、他者よりも良いスコアでまわる、 という競技的な側面からも様々な研究と改良の歴史といっても過言ではないのです。

ドライバーの素材と歴史

ゴルフドライバーの歴史 パーシモンヘッドの時代に高級天然木の材料がメタルヘッドに変わり、 そして、チタンヘッドへと進化してきました。 それにあわせてゴルファーの技術も変化しました。 クラブが先に変化したのか・ゴルフの技術が先に変化したのかわかりません。

中古ゴルフショップにいくと、昔のゴルフドライバーが格安で売られていたりします。 また新発売されたクラブや用品を見てみると、 今のトレンドや傾向を肌で感じることが出来るでしょう。

今のドライバーは大きなヘッドで打ち込みやすくなっているモデルも多くなっています。 ゴルフクラブの進化によって、ドライバーの打ち方も変わってきました。 それも数々のトッププロ選手が時代の先駆けにいたことも大きく関係します。

ゴルフ初心者のドライバー選びの豆知識

パーシモンヘッドの時代には、 天然木の材料が相手で材料そのものの良し悪しも直接クラブの個体差に影響しました。 職人が丁寧に一つ一つ作りこんだドライバーもあり、 そういった面では、最近のクラブ以上に個体差も大きいと言えました。

ゴルフのドライバーも数あるゴルフ用品の一つとして特に愛着を注がない人もいますが、 「自分にあったドライバーであるかどうか。」という点では皆考える事は同じです。

ゴルフ初心者の人ほど、 まずは腕を磨いて自分にあったドライバーを選べるように色々商品を見てみましょう。


ドライバー関連



ゴルフ関連ニュース


情報・更新履歴など


スポンサードリンク