top画像左
top右

スイングとヘッドスピード

ゴルフ上達のためのスイング関連の基本的な事項を説明しています。ゴルフ場上達の為には基本的なスイングの知識の理解も必須です。まずは基本的な事柄のマスターからはじめましょう。

ダウンブロー習得の道

スイングとヘッドスピードについて

インパクトポイントとスイング アイアンでトップやダフリに悩む初心者は非常に多いです。 ドライバーがいくら飛距離が出せてもアイアンの正確性がなくてはスコアメイクもコース攻略もできません。

ゴルフクラブは種類ごとにその性能をフルに使えるように練習すべきなのです。 また、上手な人ほどヘッドスピードとインパクトのポイントの重要性を理解しているのです。

ヘッドスピードについての誤解や、 インパクトポイントについて理解するヒントを記載させて頂きますので参考にしてみて下さい。 ゴルフは基本が重要で、 根本から間違ったスイング方法が身についてしまったりすれば、 矯正するには時間が掛かってしまうのです。

正しいインパクトのポイントを理解してますか?

例えば、アイアンでトップやダフリが多い人のほとんどは、 インパクトのポイントについて知識が乏しい事がほとんどです。 スイングのヘッドスピードの知識を身につける上で、 まず正しいインパクトのポイントを理解しましょう。

インパクトゾーンとは?

ヘッドスピードとスイング ゴルフにおけるインパクトゾーンとは、クラブのヘッドが最速点に達する前後のことを指します。 ゴルフの上級者ほどインパクトのポイントは長く、点ではなく線になります。

ゴルフのトッププロになるとインパクトのポイントも広く、 ヘッドスピードも速くなります。 うまい人の球筋は伸びがあり、弾道に力強さがこもるのはこういった理由がその一つなのです。


安定した飛距離と方向性の出せるスイング

安定した飛距離と方向性を求める為には、 スイングのポイントで抑えるべき点を意識しながら練習する以外に方法はありません。 安定したインパクトゾーンを保つことが出来るようになれば、 おのずと飛距離も方向性も安定することに繋がります。

ポイントは体重移動

体重移動とスイング スイングの中でスムーズな体重移動がなければシャフトのしなりから生まれたパワーがうまくボールに伝わりません。

例えば、ドライバーなどがうまくショットできない人の多くが体重移動に問題があることが多いのです。 ドライバーの場合はアッパーブローに打つことで本来の飛距離が出せます。 ドライバーの性能をフルに使う為にはボールのセットアップの位置を左足側よりにセットします。 そしてさらに高くティーアップした所にボールを配置します。

ドライバーのショットがうまくできない人は、 この左側よりに配置したボールに身体全体がつっ込んでしまう事がよくあるのです。

自分自身ではしっかり体重移動できているつもりでも、 体が流れてタメがないスイングになっていてスイングが安定しないのです。

スムーズな体重移動のあるスイングの為に

インパクトゾーンでの体の動きはスイングの一連の流れの中でイメージする必要があります。 スイング中の体の動きはフォームと体重移動によってシャフトのパワーをボールに伝えるのです。

体重移動を上手に感じるイメージを言葉で表すと、 右から左に体重が移った時に左の肩に壁を感じる感覚です。

ボールがフェースにあたる瞬間をインパクトと言います。 このインパクトの時間はほんのわずかで、インパクトのポイントは一瞬です。

このインパクトの『ほんのわずかな瞬間』がどこにあるか、 どのタイミングであるかが実は重要なのです。 ちなみに、上手い人のインパクトのポイントは、身体の左側にあるといわれています。

しかしフォームが安定しておらず、 体重移動がうまくできていない人のインパクトのポイントは身体の正面であることが多いのです。

インパクトを瞬間の「点」ではなく、 軌道上の「線」でとらえることが出来ればインパクトポイントは広がりミスショットが激減します。 しかし、まずは体重移動と体のひねりから繰り出されるパワーをうまくシャフトに乗せる感覚と、 インパクトのポイントを掴む練習を繰り返しする事が先決です。

ドライバーとアイアンの基本スイング

「トップ」や「ダフリ」の原因はスイングのフォーム自体にも問題はありますが、 インパクトポイントがズレていることも大きな要因です。

ドライバーに苦手意識のある人は

ドライバーをスイングする時も、 スウイングそのものはアイアンと全く同じ軌道を描く事をイメージする事です。 体の正面の位置にボールが配置され、 それを打ち抜く感覚をイメージしながらスイングすることが基本です。 これはドライバーというクラブをうまく使う簡単なコツです。

頭では分かっていても「飛ばそう」という意識が、 左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう現象を引き起こすのです。

アイアンはカットスイングではなくダウンブロー

アイアンはインパクトのポイントのずれを注意してタメを意識しながら体の左側に注意しながらショットする事です。 その際にはスイング時の頭の位置が上下にずれがないように意識しましょう。

頭の位置が上下にずれるとヘッドの軌道の最下点であるインパクトのポイントもずれてしまいます。 その結果、ダフリやトップというミスが発生しやすくなります。 また頭の位置が左右にずれるとスイング全体から生まれるパワーを活かしきれず、 カット打ちなどの原因になります。


ダウンブロー習得の道


スポンサードリンク