top画像左
top右

ダウンブロードライバー編

アイアンにしろ、ドライバーにしろスイングの基本をキッチリ決めて意識的に練習をする事は重要です。ゴルフスイングに関してのヒントや解説のページです。

ダウンブロー習得の道

ドライバーもアイアンもスイングの基本は同じ?

ドライバースイング アイアンはそこそこ得意な人でもドライバーはまったく安定しない、 という人はゴルフ初心者の人には意外と多いものです。

ドライバーが安定しなければスコアは安定せずにバラつきが生じる結果に繋がります。 ラウンドを終えて「今日は調子が良かった・悪かった」 というだけではゴルフはいつまで経っても上達しないでしょう。

ドライバーが苦手な人はあやふやな知識に惑わされている可能性大

結論から言うとゴルフのスイングの基本的な考え方は、 アイアンもドライバーも基本的なスイングと考え方は同様と考えることがベターです。

もちろん厳密に言うとドライバーとアイアンは相違点も多い事は当然です。 ドライバーはアイアンに比べて、シャフトの長さも重さも特性も違います。 逆にまったく同じスイングを再現するということの方が困難でしょう。

スイングの基本をつかむ

すべての場面でクラブ・スイングをコントロールする事は困難です。 実際のラウンドでは平らなライばかりではありません。 コースでは起伏・傾斜・ラフ・足場・障害物などとの闘いになります。 つまり、いつもベストなコンディションでショットできるとは限らないのです。

さらにその上でクラブにあわせてスイングを変えていては間違いなくスコアは安定させる事はできません。 安定したスコアを維持する為にも、一度しっかりとスイングの基本的な事柄から再確認してみましょう。


スイングの基本は同じでもインパクトポイントが違う

ドライバーとダウンブローを考える前にまずはスイングの基本をおさらいしてみましょう。

ドライバーロフト

レベルブロー
クラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー

アッパーブロー
クラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー

ダウンブロー
クラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー


この中で、ドライバーを難しくさせているのが「アッパーブローに打つ」という意識です。 アイアンとドライバーのスイングの決定的な違いはボールをヒットするポイントです。

あくまでスイングの基本は変えないことがゴルフを難しくさせないコツです。 ボールをセットする位置や、インパクトのポイントを変える事によって「アッパーブローに打つ」 という事を実践する事が理想なのです。

ドライバーのスイングの注意点とは

ドライバーで悩むゴルフ初心者の人の多くの症状には共通点が多いことがあります。 その一つがドライバーの球筋が安定しない人です。

スイングそのものが良い・悪いは別として固まっている人は球筋が安定している事が多いのです。 しかし、スイング自体がきちんと安定していないと、球筋も安定しないのです。

スイングの基本からきちんと理解

ドライバーの球筋が安定しない人の共通点は、 スイングの基本自体をきちんと固めていない事です。 クラブによって別々のスイングの練習を行ってしまっている事です。

アイアンのスイングとドライバーのスイングは根本的に別物と考えていませんか? もし思い当たる節があるならば、目先の修正にとらわれ過ぎず、 スイングそのものの基本をしっかり固める意識を持って練習しましょう。

目先の修正が染み付いてしまう弊害

アイアンにしろ、ドライバーにしろスイングの基本をキッチリ決めて意識的に練習をする事は重要です。 目先の練習で修正を繰り返す事は危険です。 一度間違ったクセが身につくと自己流での練習では、 なかなか症状は改善する事は出来ないものです。

スライスになったかと思うと強烈なフックになったりする。
浮き球や、ロフトが立ってゴロゴロボールになったりする。

こういった症状は目先の修正で手首をこねたり、 体がつっ込んだりしている典型的な症状なのです。 最悪の場合、間違った修正を繰り返していると、それが身体に染み付いてしまって上達の弊害になる可能性も出てくるのです。

一連のスイングの流れとインパクトポイント

インパクトポイントで見るとドライバーのショットの一般的なスイングは アッパーブローと言われています。 しかし、アッパーブローは「すくい打ち」ではありません。 あくまで一連のスイングの中で、 ボールの配置やセットアップの位置で作り出された結果に出るものなのです。

基本的にはアイアンとドライバーのスイング自体は同じと考えることがベターです。 後はクラブの種類に対応する事は、 ボール位置やセットアップの配置で行うことが根本的な考え方なのです。

ドライバーのダウンブローの意識

アイアンのスイングとドライバーのスイングのイメージが同じようにできない人は、 左側よりによったボールに身体全体がつっ込んでしまう現象が見られがちです。

これを克服する簡単な方法は、 アイアンのスイングの時にボールを配置する位置に実際のボールがある感覚でショットする練習をする事です。 その仮想の位置にあるボールをダウンブローする感覚でスイングした経過の先に、 実際のボールがアッパーブローで打ち込めるようになります。


ダウンブロー習得の道


スポンサードリンク