top画像左
top右

ダウンブローアイアン編

ゴルフ初心者の方はアイアンはダウンブローに、ドライバーはアッパーブローにインパクトする、と学んできたハズです。これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

ダウンブロー習得の道

ダウンブローに打つ事の解釈/アイアン編

アイアンはダウンブローに打つべきか

アイアンダウンブロー アイアンはダウンブローに打つという解釈は、 ゴルフ初心者にとってゴルフを難しくしている要因だと言われています。 もちろん、理想はきれいなダウンブローのスイング軌道でショットできれば文句はありません。

ダウンブローはボールをすくい打ちすることではありません。 しかし、ゴルフ初心者といわれている方のほとんどがこの「すくい打ち」 をしているのが多いのが現状のようです。

「???」と思う方もいらっしゃるかも知れませんので、 ここでは実際に難しいとされるアイアンのスイングに関連して、もう少し詳しく見ていきたいと思います。


ゴルフ初心者の間違ったスイングとは

ゴルフ初心者の間違ったスイング 実はアイアンは、ゴルフの初心者の方々が思っている以上に曲がりやすいクラブなのです。 アイアンはソール幅が狭く、ダフッたりすると、すぐに方向がブレたりします。 特にロングアイアンはゴルフ初心者にとって最大の難関です。

ゴルフ初心者の方でアイアンがどうも苦手という方は、 ダウンブローにとらわれすぎてスイングそのものに誤りがある可能性が高いのです。

クラブの性能を十分発揮するには

ゴルフのスイングには基本があり、 スイングの基本を最大限に引き出すことがクラブの性能通りの飛距離や角度に繋がります。

アイアンはダウンブローに打つという解釈以前にアイアンそのものがどうも苦手という人は、 改善のヒントをいくつかあげておきますので参考にしてみて下さい。

アイアンのスイングに関する知識

ゴルフ初心者の方でアイアンがどうも苦手という方は、 次のポイントをセルフチェックしてみてください。 どれも基本的な事ばかりですのでじっくり時間をかけて取り組んでみましょう。

【スイングに関するセルフチェック1】−すくい打ちになっていないか

ボールを上げようとしてすくい打ちをしている事はないか確認してみましょう。 ダウンスイングで右足のかかとが早く上がり、 右肩が下がる事が原因ですくい打ちのような格好になります。

この場合は大抵、左サイドが伸び上がっていることが多いです。 すくい打ちのスイングはフェースが開き、 ボールは右前方へ押し出されるようになり軌道も安定しません。

アイアンを確認してみる

アイアンの確認 まずはご自身のアイアンを確認してみましょう。 マッスルバックアイアンと呼ばれる構造ならば、 買い替えを検討するか、腹をくくって努力する覚悟が必要です。

右に記載させて頂いている画像のアイアンがマッスルバックの形状です。 マッスルバックアイアンのアイアンは上級者向きの構造です。 一方、キャビティバックアイアンと呼ばれるアイアンでうまく飛ばせないならば、 やはりスイングの改善が必要です。

キャビティバックアイアンは構造上ヘッドが大きく作られています。 バックフェースの重量を周辺に配分する事により、 スイートスポットが広がります。

よってゴルフのビギナーの人でも割りときれいに飛んでくれるのです。 扱いやすい上に球が上がりやすい構造である為に、ゴルフ初心者向きのアイアンなのです。

【スイングに関するセルフチェック2】−インパクトのポイントのずれはないか

インパクトのポイントのずれはスイング時の頭の位置のずれが大きな原因です。 頭の位置が上下にずれるとヘッドの軌道の最下点であるインパクトのポイントもずれてしまいます。 その結果、ダフリやトップを起こしやすくなります。 また頭の位置が左右にずれるとカット打ちなどの原因になります。

ここで注意して欲しいのが頭の位置は決して固定するということではない、ということです。 頭の位置は体重移動に伴って軸を意識しながらスムーズに動いていくことが理想です。 不自然な上下左右の動きがないかチェックしてみて下さい。

【スイングに関するセルフチェック3】−上半身先行のスイングではないか

アイアン アイアンはダウンブローに打つ、 事を実践しようと意識しすぎると上半身がつっ込んだスイングになることが多いです。 ダウンブローで重要なのは下半身が自然な体重移動で先行し、 右足から左足に体重移動した時に体が少し沈むタイミングです。

ここで上半身の動きが加わりクラブが立ってヘッドの入射角が通常より鋭角に入る事がポイントなのです。 いずれにしても上半身がつっ込んだスイングは、 体重移動前に右腕で打ちにいっている場合がほとんどなのでしっかりと体重移動を意識したスイングを意識しましょう。

コース戦略を見据えたアイアンの練習を行う事の重要性

アイアンのスイング アイアンはコース戦略で強力な武器になります。 どれか一つでも絶対的な自信のある番手を作る事で戦略的なコース攻略も可能になります。

ドライバーなどとは違い地味な練習になるかもしれませんが、 スコアメイクから考えると重要な事です。

まずはショートアイアンなどから得意なクラブを作る事を目指してみてください。

実際のコース攻略の糸口や自分自身のプレースタイルを探すヒントが見つかるでしょう。 多くの「上手なプレーヤー」は、こうした地道な練習で腕を磨いて実践で披露しているのです。


ダウンブロー習得の道


スポンサードリンク