top画像左
top右

ダウンブローとは

ゴルフ初心者の方はアイアンはダウンブローに、ドライバーはアッパーブローにインパクトする、と学んできたハズです。これは初心者の人には間違った解釈を植えつける要因になっているとも言われています。

ダウンブロー習得の道

ダウンブローの前にスイングの基本を知る

スイングの基本 ゴルフのスイングには基本があり、それぞれのクラブの基本のスイングを知ることは重要です。 ゴルフのスイングの基本を最大限に引き出すことがクラブの性能通りの飛距離や角度に繋がります。

例えばドライバーに関してもそうです。 最近のドライバーの傾向としては、素材が、チタンなどの軽量素材の特徴を上手く使った大型ヘッドである点です。 大型ヘッドの利点はスイートエリアも大きくてボールを捉えやすくなっています。 上手にクラブの性能を使えばきちんとボールは飛んでくれるのです。

アイアンに関しても同じ事が言えます。 最近ではキャビティバックのアイアンも扱いやすく、 メーカーの研究により打感も格段によくなっています。 ゴルフ初心者の方がゴルフを難しく感じる割合は格段に下がっているのです。

ゴルフ初心者の間違ったスイングの基本解釈

近年、ゴルフに関してのスイングの基本知識は次の様な感じになります。

「ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。」
「アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。」

これは間違いではありませんが、 ゴルフ初心者の人の多くが間違った解釈をしてる傾向がある場合が多いのです。


クラブによって打ち方を変えることは危険

ボールの状況に応じて対応する事 実際のコースをまわった事がある人は感じているかもしれませんが、 練習場で練習したことはほんの少ししか役に立たないのです。

打ち込んだ先でのポールの状況はその都度変化しますし、 いつも平らなライでスイングできるとも限らないのです。

クラブが変わるごとに打ち方を変えていては、 ボールの状況に応じて対応する事は難しくなるのです。 実際にそれを実現する事はプロ選手でも難しいと言えるでしょう。

「ドライバーショットは、アッパーブローにインパクトする。」
「アイアンショットは、ダウンブローにインパクトする。」

という言葉はクラブによって打ち方を変えることを意味しているのではありません。 むしろゴルフにおいては基本スイングはできるだけ変えない方が安定するのです。

実際、クラブによって打ち方を変えるのはプロや超上級者の人でも難しいと言われています。 見た目はスイングを変えている様に見えますが、実は違うのです。

ボールのセットする位置やトップポジジョン、 スタンス方向、フェース方向、 フィニッシュ・ポジジョンなどを変えることによってインパクト時のヘッドの入り方を変化させているのです

重要なのはどのポイントでボールをインパクトするようにスイングするのかということです。 もし、クラブによってスイングを変えようと思っているのならば、 ゴルフは非常に難しいスポーツになってしまいます。

ゴルフのスイング(ブロー)の知識

ゴルフのスイング(ブロー)には大きく分けて3種類程の分類があります。

ドライバーロフト

レベルブロー
クラブの最下点でボールをとらえる場合はレベルブロー

アッパーブロー
クラブの最下点を過ぎてボールをとらえる場合はアッパーブロー

ダウンブロー
クラブの最下点の手前でボールをとらえる場合はダウンブロー


左に図解で記載させて頂きましたので、何となくイメージで理解して頂けると思います。 これが大雑把になりますがゴルフのスイング(ブロー)の基本的な種類になるのです。


ゴルフ初心者はスイングを固める

基本スイングが完全に固まっているプロや超上級者の場合でも、 多くの人はクラブの種類やボール位置などによってインパクト時のヘッドの入り方を変化させています。

つまりスイング要素は、トップポジジョン、スタンス方向、 フェース方向、フィニッシュ・ポジジョンなどによって変えているのです。

その結果が打つ球種にあらわれスイングはダウンブローになったりアッパーブローになったりするのです。 基本スイング自体は変わらないのです。

ゴルフ初心者の方もダウンブロー、アッパーブロー、 レベルブローという言葉に惑わされずまずは自分自身のスイング作りを心がけてください。


ダウンブロー習得の道


スポンサードリンク