top画像左
top右

ダフリの原因と克服

トップとダフリはゴルフ初心者が悩む項目の一つです。トップやダフリの原因を把握する為とトップとダフリに悩む初心者ゴルファーの方の為の練習のヒント記載しております。

ゴルフ技術の基礎

ゴルフ初心者のダフリの原因と克服

アイアンでトップやダフリに悩む初心者は非常に多いです。 ここではトップとダフリについてゴルフ初心者にもわかりやすいように解説していきたいと思います。

ゴルフ初心者の多くが、スイング自体の基本ができていない事が自分自身わかっていてもどこがどう悪いのか、 自分自身でセルフチェックできないと聞きます。

実は、トップやダフリを頻発させている人には共通点が多いのです。 ここでは一般的な要因と改善の方法を解説させて頂きます。 今後の練習のヒントにしてみて下さい。

ダフリの原因

カットスイング

ダフリの大きな要因の一つはカットスイングです。 上手な人のインパクトポイントは『点』ではなく、『線』になっています。 つまり、インパクトポイントが広いのです。 カットスイングではインパクトのポイントは非常に狭くなります。

体重移動が上手くできていない

ダウンスイングで重心が左に移っていないとボールには力がうまく伝わりません。 この場合の体重移動は横の動きを指します。 重心を左に移すにはまずバックスイングで右足に体重をのせることが重要です。 インパクトで体重が右足に残っているとダフリの原因になる事が多いです。

体が上下に動いてしまっている

初心者ゴルファーの人に一番多い原因だといわれています。 ダウンスイングで右肩が下がってしまうことが原因です。 頭の位置が上下する事でボールの芯から外れた位置でクラブのフェースがヒットしているのです。


インパクトゾーンとトップとダフリの関係

インパクトゾーンイメージ ゴルフにおけるインパクトゾーンとは、一般的にクラブのヘッドが最速点に達する前後の事です。

つまりクラブのヘッドの軌道がボールの前後数センチ付近を通過するポイント付近の事です。

ここで重要な事が一点あります。 それは、ダウンスイングで一番最初にクラブが接するのは地面じゃなくボールでなければいけないという事です。

正確なインパクトのポイントの重要性

「トップ」や「ダフリ」の原因はインパクトポイントがズレている事がもっとも多い要因です。 正確なインパクトのポイントが身に付ける事は多くのスイングに関する悩みを解消してくれます。

スライスの悩みも、ダフリやシャンクのミスヒットも飛距離不足も自然と解消される場合が多いです。 つまりゴルフの悩みの大部分が解決するのです。

トップとダフリの克服・改善には

インパクトポイントについてしっかりと理解を深めて、理想のフォームに近づけることが トップとダフリの改善と克服には近道です。

カットスイングの克服

カットスイングの自覚がある方はインパクトポイントを広くする為の練習を行いましょう。 具体的には、ボールの前後に三個分ぐらいのボールを並べたイメージでショットの練習を行うことです。

こうする事でインパクトのポイントを点ではなく線でとらえる感覚が研ぎ澄まされます。 その際には、手首(特に右手)の角度をキープしたまま体を左方向へしっかり回すようにする事を心がける様に行った方がいいでしょう。

体重移動の練習

インパクトで体重が右足に残っているスイングを改善しましょう。 このときに俗に言う「左の壁」の感覚を忘れないよう、身体全体のバランスを考えながら体重移動する感覚をつかんで下さい。

その際のポイントは右足から左足への体重移動です。 右足に体重をかけながらバックスイングを行い、左足に体重を移動させながらダウンスイングする感覚を練習してみる事です。 この時には、右ひざが前に出てしまう事が無いように意識する事がポイントです。

右ひざはボールに向かうのではなく、左ひざ方向へ向かう意識を持って練習する事で、 スムーズな体重移動の感覚が養われます。

体が上下することの改善

体の上下イメージ スイングで体が上下するとスタンスした時の状態とは違う位置にヘッドが下りてきます。 この時に右肩が突っ込みクラブがボールの手前に入ってしまうケースが多いです。

この原因を理解せず、無理に改善を行うと今度は安定したスイングが保てなくなります。

体が上下する事の改善は、身体を回転させるという意識を軽減させる事です。 その為には、左肩を後ろへ引くイメージでスイングを行う練習してみるといいでしょう。

基本的に、バックスイングでも肩を水平に保つ事と、 ダウンスイングでも肩を水平に回す事を意識しながら練習してみる事が重要です。


ゴルフ技術の基礎


スポンサードリンク