top画像左
top右

ゴルフ技術の基礎

ゴルフは道具選びから始まって練習場での練習方法など実際のプレーまで数多くの事柄があります。さらに実際のラウンドでは第一打からグリーンまであらゆる状況についての技術が求められます。

ゴルフ技術の基礎

自分のプレースタイルを探る

ゴルフはプレーする人の数だけプレースタイルがあります。 お手本とされるプロのスイングも万人に向くスイングでない場合もあります。 ゴルフ初心者の頃から自分のプレースタイルを探りながら練習する意識を持つようにしてみて下さい。 ぐっと上達に差が出るはずです。

飛距離だけではない奥の深さ

ゴルフを始めたばかりの頃はドライバーの練習を一生懸命する人がほとんどです。 それもそのはずで、 まずドライバーがある程度「真っ直ぐ飛ぶ」ようになってはじめてゴルフのスタートラインに立つような感覚なのですから。

しかし、実は多くのゴルフ初心者の人が、 他のアプローチやパッティングやリカバリーの練習にはあまり時間をかけないとも言われているのです。

確かに、ゴルフにおいて飛距離は大きな「華」でありひとつの「ステータス」というような感覚があります。 ですが、やはりしっかりとスコアメイクを考えるならば、小技と呼ばれるゴルフの技術もマスターする練習にも時間を掛けたいものです。


自分の得意な技術を磨く

ゴルフプレースタイル 人それぞれ得意、不得意があるように、ゴルフにおいてもそれぞれ皆さん持ち味があります。 基本をしっかりマスターできたならば、 自分自身の得意分野を見つけることもゴルフにおいては重要です。

まずは自分自身のプレースタイルを見つけることが先決です。 自分自身の技術の度合いによって実際のラウンド時のコース攻略の戦略が立てられます。

普段の練習時に、自分自身のプレーの課題を把握して技術の向上につなげたいものです。

ゴルフ初心者のためのゴルフ技術の基礎

アプローチについて

一つのクラブを使いこなす方法は色々あります。 例えば、応用の利くクラブを使いこなすようになるとゴルフのアプローチなどでもコース攻略の幅が増えるのです。

ドライバーが多少乱れても、リカバリーが上手な人はスコアをそれほど乱しません。 ドライバーなどの練習も大切ですが小技が効くクラブの使い方を意識して練習することも大切です。

ダフリの原因と克服

ダフリの要因と克服方法について解説させて頂いている項目です。

ゴルフ初心者の方が多いダフリの要因の一つはカットスイングです。

カットスイングではインパクトのポイントは非常に狭くなります。 その為に色々な弊害が発生するのです。


スコアメイクに欠かせない要素を知る事の重要性

スコアメイクの要素 アプローチとパッティングについては一般的に初心者の方ほど練習不足の傾向がある、 といわれています。 ドライバーの華やかさに目を引かれることもいいのですがアプローチの一打も、 パターの一打も同じ一打なのです。

とくにアプローチとパッティングはスコアメイクに欠かせない要素です。 これらのスコアメイクに欠かせない要素に時間と労力を惜しまないようにしたいものです。

毎日の積み重ねが感覚を養う

アプローチとパッティングはスコアメイクに欠かせない要素ですが一夜にして技術を習得できる事はありません。 例えば野球の名打者が毎日素振りを欠かさない事と同じで、継続的な練習が必要になってきます。

アプローチの距離感はイメージと実際の感覚のすり合わせ
パット技術の向上は手の感覚と距離感の感覚の精度を上げる

いずれにしても意識を持って練習に取り組む事が大切なのです。

練習場と実際のコース場でのギャップ

コースデビュー ある程度練習場でナイスショットが連発できるようになって、 いざコースデビューしてみると散々な結果で自信を喪失した人も多いのではないでしょうか。 練習場ではなかなか練習できないゴルフ場でのコース攻略のための意識というものが存在するのです。

こればかりは実際にコース上でプレーしてみないと実感は出来ないです。 しかし、一度経験した苦い思い出や場面を意識して練習に活かす事は上達の為のポイントになります。

自分自身の苦手なシチュエーションなどを反復して練習する事でプレー精度の向上を目指したいものです。


ゴルフ技術の基礎


スポンサードリンク