top画像左
top右

アプローチについて

ゴルフのスコアアップの為にはアプローチの練習は欠かせません。ゴルフのスコアアップを目指したアプローチの練習に取り組む方法やヒントを紹介致しております。

ゴルフ技術の基礎

スコアメイクに欠かせない要素とは

スコアメイクの練習 練習場でゴルフの基本フォームの習得や、 飛距離を伸ばすための練習を行なっている人は多いと思います。

しかし、 平行してスコアメイクに欠かせないポイントを突いた練習を地道に行なっているゴルフ初心者は非常に少ないのです。

実際のゴルフ場は平らなライばかりではありません。 ショット時の足場もきちんと確保できない場面にも遭遇します。 そんな時にスコアを大きく崩さないリカバリーや、 小技を身につける練習もゴルフ上達においては重要なことなのです。

ゴルフ初心者の方で、スライスに悩んでいる場合の大半は、 この一連の動きがきちんとできていないことが大きな原因である可能性が高いのです。 まずはスライスの原理について簡単に理解を深めておきましょう。

スイングに関する練習

ゴルフ初心者の人の多くは、ゴルフの練習はどうしても打ちっぱなしの練習場中心になります。 そこではドライバーやアイアンのスイングの基本フォーム習得の練習をしているはずです。

試行錯誤しながら基本フォームの習得に熱心になることも大切です。 しかしそれだけでは実際のラウンドではスコアは安定しないのです。

実際のラウンドの失敗の経験をゼロにする事はできません。 大切なのは、出来る限り失敗を次回の課題にしていく意識が必要なのです。

コースからそれたときにリカバリーが出来るか
バンカーからのショットは一発で出せるか
傾斜のある足場からきちんとショット出来るか
グリーン周りからのアプローチできちんと乗せれるか

こういった場面を想定しながら練習に取り組むのです。


スコアメイクのために

ゴルフは基本は本当に重要です。 あなたのゴルフを難しくするのも、大きなスランプや壁を感じることなく上達するのも ゴルフの基本の習得度合いにかかっているといっても過言ではありません。

スコアメイクに必要な要素

リカバリーの小技とアプローチ、パットなどの正確性などがあげられます。 いずれもゴルフ初心者の人が意識をして継続的に練習することが少ない項目なのです。

アプローチでクラブを使いこなす

ゴルフ基礎 アプローチで正確性が出てくればラウンドでのスコアの計算ができます。 さらにティーグランドに立った時点からのコース戦略も立てやすくなります。

一つのクラブを使いこなす方法は色々あります。 特に自分自身で得意なショートアイアンがある人はうまく活用できる方法はいくらでもあります。

例えば、クラブの握る位置を変えてみるだけでも距離は変わってきます。 これは打ち方を変えたり振り幅を変えたりしないでできるゴルフ初心者向けの簡単な方法の一つです。

距離感と打ち出しの角度と手の感覚を養う具体的な練習方法をみていきましょう。

距離感をつかむ練習のコツ

ゴルフアプローチ 距離感をつかむ練習は、ショット後のイメージと実際のボールの軌道のすり合わせ を継続的に行なう練習をすることです。

特にアプローチでは、ボールの軌道とスイングの強さのイメージすることが先決です。 どのくらいの高さにボールを上げればどれぐらい飛ぶのかというイメージです。

そして、スイングの感覚はどれくらいの強さでアプローチすればそれが具体的に 実際の軌道に出るかを養っていくのです。

練習場でできるアプローチ練習

まず手頃な距離の目標を決めます。

そして目標に対してどのくらいの高さでボールを上げれば
ちょうどいいかイメージをします。

そのイメージに対して実際のアプローチショットを行ないます。

このくらいの感覚で打ち込めばイメージ通りの高さになるという感覚とイメージの違いを感じることが大切です。 この一連のアプローチ動作を繰り返し練習するのです。

そして目標地点にちゃんと落とすことができるかを毎回意識しながら確認するのです。 適当にやっては意味がありません。実際のラウンドではやり直しが効かないのです。

このアプローチの練習の注意点は、毎回違った距離の目標を設定することです。 毎回違った距離を設定しないと、すぐ前に打ったショットの感覚が残っていて、 それがイメージと感覚をすり合わせる練習の障害になってしまうからです。


ゴルフ技術の基礎


スポンサードリンク